--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島県・南相馬へ1 ■きっかけは出会いとWhy

2011年08月03日 08:05

※すごく長いです。感情を吐露しているのでもしかしたら不快に感じることがあるかもしれません。ごめんなさい。
でも、真ん中と最後だけでも読んでいただければ嬉しいです。


自分で言うのもなんだけれど、私はけしてボランティア精神のある人間ではない。
震災当初すぐに「被災地のために今すぐ何かしなければ!」とは思っていなかったし
繰り返しTVで流れる悲惨な光景にただ呆然とするだけで、現実味さえなかった。

震災当日の3.11は、会社の机で仕事をしていて
その後もずっと、変わらず机で仕事をする毎日。
比較的すぐにしたことは、小額の募金と少しの支援物資発送くらい。

その後、続々と被災地にボランティアに向かう周りの人々を見て
私はなぜかイライラを募らせるようになった。
もっと言ってしまうと、ボランティアから帰ってきた人たちの
いくつものレポを見ては「こんなにもやっているという自己満アピール?」
「他人のためにそこまでできる理由は何なんだろう?」
と、ひどいことを考えたことさえある。
途中からは読みたくなくて、目をそむけてさえいた。
私にはそのイラだちが、なぜなのかわからなかった。

それでも私の気持ちを無視するようにどんどん流れ込む
津波、原発などの数々の被害報告。デマを含むたくさんの情報たち。

疲れ果てた私は震災に関して、思考と感情を停止することに努め始めた。


********************************************


おばちゃん家 チャリティーバラ


そんな中、転機は6月の100人100旅東北チャリティー写真展だった。
私はスタッフではなかったけど、その日は暇だったし
自分の写真も展示されているということで、会場のある下北沢へ足を運んでみた。

会場についた時は、たまたまトークイベントがスタートしたところだった。
特にタイムスケジュールをチェックしていたわけではないので
なんのお話なのかも、誰が話していたのかもよくわからなかったが
スタッフにすすめられるまま、私も席についた。

その時にトークをしていたのが、
先日の告知でも書いた安田菜津紀さんだったのだ。

彼女はフォトジャーナリストになったきっかけである
家族の死と、カンボジアの子供たちとの出会いについて話たあと、
義理の両親の住んでいた岩手県・陸前高田市の話をし始めた。
私はその頃、陸前高田の被害についてほとんど知らなかったけれど、
ここもかなりの津波の被害を受けた場所だということをその時に初めて知った。

日本百景の1つでもある高田松原が
1本の松を残して全て津波に飲みこまれてしまったこと。
津波で飲みこまれた学校と
目の前で親を失った多くの子供たちのこと。

その話を聞いている時、自分でも信じられないくらい涙が出てきた。
それまで一種の自己防衛本能のように停止しようとしていた思考と感情が、
決壊したダムのように流れ出るのがわかった。

被災地のために何もすることができなくても、思考や感情を停止しちゃダメだ。
この時、そう感じた。


(お話の一部を安田さんはブログにも書かれています
希望の松、陸前高田にて →陸前高田で出会った子供たち

トークショー案内 東北写真たち


安田さんはその時に、あるボランティアに関するお話もされていた。
それは「洗浄カメラマンプロジェクト」だった。
簡単に言うと、津波で流されたおうちのアルバムを回収後
きれいに洗浄し、展示して元の持ち主に返すというものだ。
(こちらの記事にも書かれています→”洗浄カメラマン”プロジェクト・イベントのお知らせ

この話を聞いて、「この作業をしに行きたい」という気持ちが芽生えた。
それは、今考えたらカメラ好きとしての「洗浄に対する興味」という
すこし不純な動機だったかもしれない。
それでも、冒頭のようなふてくされた私にしては、びっくりするような気持ちの変化だった。


********************************************


しかし、いつ行こうかと考えながらも1人では何もできない私がいた。
仕事が日曜・月曜休みでなかなか行く目途も立たず……。
(今考えたら、行く勇気が出ず色々自分に言いわけをしていたのかもしれない)
ただひたすら無力で、ニュースを見たら泣くだけの毎日だった。
今度は被災地に足を運べない自分にイライラして
やはりみんなのボランティア報告を素直に見ることはできなかった。

そしてとうとう安田さんのお話を聞いてから1ヶ月が経ったある日。
以前にこの記事でも書いた、イエメンで出会ったOさんからのボランティアのお誘いがあったのだ。
いただいたお誘いのメッセージを見ると、ボランティア先は福島県南相馬市だった。
正直言ってしまうと、一瞬、戸惑った。
原発のことがある。南相馬でなくても他にあるんじゃないか?と思った事は否めない。
しかし、さらにスクロールするとこう書いてあったのだ。

「ニーズは思い出の写真の洗浄と側溝の泥出しです」

この瞬間、何か不思議な縁のようなものを感じ
「これは何か私にとってすごく意味のある誘いな気がする」そう思った。
放射能に対する不安がなかったかと言えばそれは嘘になるが
そのよく知らない放射能のことを知るためにも、
それらに困らされている町の現状をこの目で見て知るためにも、
私は行くことを決めた。




■■■今後の記事について■■■

今後書いていく南相馬に関する記事を読んで、
もしかしたら冒頭の私のように「自己満?なぜ?」とイラ立ちを感じる人もいるかもしれない。
もしくは6月以降の私のように
ボランティアに行けないことに無力さを感じる人がいるかもしれない。

そういう人がもしいるならば、
「それだけではなかったよ!そんなことないよ!」と私は言いたい。
なぜなら、私もそれらのモヤモヤを解消したいのもあって
被災地に向かったからだ。


モヤモヤの理由を探しに行ってみよう。
自己満なのかどうなのか確かめに行ってみよう。
原発がよくわからないなら現状を見てみよう。
怖くて不安で仕方ないなら行ってみよう。

結局、根底の動機なんて全て自分本位の「Why?」だったのだ。
もちろん、被災地のために何かしたいという気持ちもあった。
でも、今よりは強くなかった。
これから書くことはあくまで私が感じたこと。私の目線。
私なりに導き出した「Why?」の答えだ。

だから、問題に対する関わり方はや考えは人それぞれあると思う。
けして私の考えが正しいとは限らない。それを前提に読んでもらいたい。
そして、その中から少しでも何か感じとってくれる人がいるなら
私はすごく、嬉しいなと思う。



チャリティーバラ2
最後まで読んでくれた人がいるかわかりませんが、読んでくださった方、ありがとう。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. りょうこ | URL | -

    これはうわべの同調でもテレパシーでもなくて、何となくこんなふうに綴られるのでは…という思いでいました。
    たぶん、ある種同じ感覚のにおいみたいなものを持ち合わせていたからかもしれません。
    私も同様の思考があります。
    ただ、違うのは、今回星の子さんに巡ってきた縁のところでしょうね。
    それもこれも、今まで辿ってきたことから得られたものだと思うので、前にどう思って考えていたかってことは誰にも奪われない無二のもので、変化していくことも、それでいいんだと私は思います。

  2. 星の子 | URL | -

    りょうこさんへ

    こんにちは。レスが遅れてすみません!
    ちょっとドタバタしていたのですが、
    おそらく今日あたりブログ更新できそうです。
    コメントにレスがあったら、そのサインです(笑)
    またぜひ見てやってください。


    > これはうわべの同調でもテレパシーでもなくて、何となくこんなふうに綴られるのでは…という思いでいました。

    おお!予感されていましたか・・・私は、複雑な方向に単純なので
    カンが良い方や感覚が似ている方には、
    少し付き合うと思考がバレてしまったりします^^;
    でも、なんだか嬉しいです。

    > たぶん、ある種同じ感覚のにおいみたいなものを持ち合わせていたからかもしれません。
    > 私も同様の思考があります。

    あまり口には出さないだけで、結構ボランティアや震災に対して
    同じこと考えている、もしくは考えていた人は多いのではないかと思います。
    今回、あえて口に出すことで、そんな方にもぜひ読んでもらいたいなと思いました。

    > ただ、違うのは、今回星の子さんに巡ってきた縁のところでしょうね。
    > それもこれも、今まで辿ってきたことから得られたものだと思うので、前にどう思って考えていたかってことは誰にも奪われない無二のもので、変化していくことも、それでいいんだと私は思います。

    そうですね。今回、結果的に「解せなかったもの」を
    あえて自分でやってみようと思えたのも、すべて縁のおかげだなと思います。
    でも、以前の私の考えも気持ちも忘れたくないです。
    覚えておくことで、いろいろな方向から、いろんな人の立場に立って
    否定も肯定もせず、変わり行く自分の考えを綴っていけたらなと思います。

    記事は備忘録でいいとは思っているのですが
    もしも誰かにとっての思考するきっかけになれたなら
    それはそれでいいなあと思っています。

    読んでいただき、ありがとうございました!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doncame.blog57.fc2.com/tb.php/67-2a16ffcc
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。