--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエメンぶりの再会

2011年07月20日 02:09

後ろ姿のさいご

先日、イエメンで出会ったOさんから1通のメッセージがきた。


「3連休、福島の南相馬までボランティアに行きます。一緒に行きませんか?」


この写真は、イエメンで別れたときのOさん達の後ろ姿だ。(右端がOさん)
Oさんとはイエメンで会った時以来、一度も会っていなかった。

私は、Oさんと出会ったあのイエメンの夜を思いだしながら
行きたいという意思を綴ったメッセージを返した。



細かい理由は後日書くけれど、
誘われた時から強く

「これは何か私にとってすごく意味のある誘いな気がする」

そんな風に思った。
そして帰ってきた今、言えることは

「行ってよかった」

それだけ。



それだけなんだけど、その言葉の中身にはとてもいろんな気持ちが詰まっている。
詰まりすぎていて、表現が他にできない。
安易に言葉にするのもためらわれるのだ。

だけど必ず、
頭を整理して南相馬での出来事を書けたらいいなと思う。


とりあえず、すぐにはまとまらないので
今日はOさんと出会ったイエメンの夜の写真をのせて眠ることにします。


今回の3連休につながる
イエメンでの出会いに感謝して。



****************************************************************************




旧市街夜のさんぽ3
Oさんと、もう1人の日本人男性Sさんと歩いた夜の旧市街。
オレンジ色の光に照らされた路地を、ついさっき知り合ったばかりの2人と
感動を分かち合いながら歩くのは不思議な気持ちだったけれど
とても楽しく、鮮明に記憶に残っている。
何か強い感情を共有しあうと、人は人見知りなんて忘れると思う。








タリハール広場
宿と旧市街の間にあるタハリール広場。この広場は、今やデモが行われる中心地となっている。
現在の中東も、混乱のさなかで大変胸の痛む状況にある。
この国に、一刻も早く穏やかな日々が訪れて欲しい。
そういう思いに、国内であろうが遠く離れた海外であろうが、違いを持ちたくないと私は思う。
それらは同じ、私が住む地球で起きていること。
特に、足を運び、その場所の人々と触れ合ったならなおさら。大切に思い続けたい。風化させたくない。








イエメン車
時々、驚くような荒れた光景があるが、人々はとても穏やかで優しかった。
その国が危険と言われていようが、荒れていようが、必ずしもそれはその国の人々の人柄には結び付かない。
自分たちではどうしようもない政治的な問題や、土地自体に何か大きなトラブルを抱えている事があるのだ。
そして、そんな場所でも育ってきた所というのは、そこに生きる人々にとって大切であり、守りたい場所。
どんな状況下におかれても、それは変わらないのだ。
そんな感情に触れるとき、私はその場所と人々に出会えて良かったと感じ、大切にしたいと思う。
だから、よくないレッテルや悪いイメージをもたれると私も悲しい。









イエメンのよる
そんな風に、新しく国や町と出会うと「喜」が増えるけれど、同時に「哀」も増えると思う。
思い出すものが増えるたび、気にかけたり心配したりするものも増えるのだ。
でもそれは、けして不幸なことではないと思う。
そういう感情も大切にしたい。それが大事なものと「出会う」ということな気がする。
出会ったものと、いろんな感情を共有していければいいなと思う。








ダーウッドからの眺め1
ダーウッドホテル屋上からの旧市街の眺め。この灯りの数だけ……もしくはそれ以上の色んな人の人生が
そこにはあるんだろう。今、ここから見える景色は変わってしまっているのだろうか?






ダーウッドからの眺め2
中東に平和が訪れて、またいつか、この景色を眺められたらいいな。






ダーウッドの前で
ダーウッドホテルの前で記念撮影。何がどうしたものかものすごいピンボケていたので
ちょうどいいや!と思い掲載。赤いのが私です。
Oさんは最初、私が現地人だと思っていて、声をかけなかったとか。
最終的には気づいてもらえてよかったな……。



●撮影場所・イエメン サヌア
もう何が言いたいのかさっぱりわけのわからない記事になってしまいました。ごめんなさい。
この記事は、けしてイエメンについてのみ、書いたことではありません。それが伝わればうれしいです。



関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. りょうこ | URL | -

    星の子さんの凝縮した思いが伝わってきて、容易に綴れない気持ちが汲み取れます。

    とても貴重な時間を共有されたこと、言葉は不適切かもしれませんが、羨ましくも感じました。
    そういう再会を果たせる可能性というのは、一生のうちでもなかなかないことのように思います。そういう縁にあったのでしょうね。

  2. 星の子 | URL | -

    りょうこさんへ

    コメントありがとうございます!

    なんですかねえ・・・うまくあの3日間を言葉にできる自信がないですね^^;
    あの場所に行かないと、わからないことが多いように
    言葉で伝えられることなんて、とっても少ないなと思いました。

    でも、あの場所で活動していた方が「できる限り多くの人に伝えて欲しい」
    と言ってらっしゃったので、必ず書きたいと思います。
    うまく書けないと思いますが、自分の言葉で^^

    > とても貴重な時間を共有されたこと、言葉は不適切かもしれませんが、羨ましくも感じました。

    ありがとうございます。私も、不謹慎だとは思いつつ
    とても楽しく、あたたかい気持ちになる時間でした。

    > そういう再会を果たせる可能性というのは、一生のうちでもなかなかないことのように思います。そういう縁にあったのでしょうね。

    はい!いつも、出会った人は何かしら縁があると思っています。
    特に、出会ってからマメに私に声をかけてくれる人は
    何かしら私を良い方向に導いてくれる縁の人なんだろうなと。

    りょうこさんも、私にとってきっと素敵な縁だと思います!

  3. りょうこ | URL | -

    およよ^.^
    写真追加!ですね。

    言葉というかたちでなくても、いいような気もします。
    心の中にあるものをすべて言葉にすることって、とても労力がいるし、
    無理に出そうとすると、意図しないかたちになってしまうことも
    ありますしね・・。

    これまで生きてきた○○年、出逢った人、去っていった人、いろんな
    縁の環をくぐってきたけど、たくさん人と逢えばそれでいいというわけ
    でもない。。

    私も、星の子さんとは素敵な縁でつながっていけると嬉しく思います!


  4. 星の子 | URL | -

    りょうこさんへ

    レスが大変遅くなりましてすみません!
    無事、帰っております^^

    > およよ^.^
    > 写真追加!ですね。

    実は「続きを読む」にして隠してあっただけなんです^^;
    やっぱり「続きを読む」ってわかりにくいですよね…
    なのでオープンにしちゃいました★

    > 無理に出そうとすると、意図しないかたちになってしまうことも
    > ありますしね・・。

    私はいつも、言葉であらわそうとしすぎて
    その失敗をするタイプです(TT)
    写真ですべてを伝えられればいいのですが
    なかなかそんな写真を撮ることができず!いろんな意味で精進したいですね♪

    そうですね!数少ない自分にとって意味のある出会い。
    大切にしていきたいと思います。
    きっとりょうこさんとも何かの縁。
    どうぞよろしくお願いします★

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doncame.blog57.fc2.com/tb.php/63-4da0a0f0
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。