--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'10.09旅 その9■2つの選択肢~後編~

2011年06月27日 04:55

※この記事は前編の続きです。(ただ、後編からでも展開はわかります)
ちょっと長いですが、ぜひ読んでもらいたい記事です。
それくらい知ってもらいたいお話を一生懸命書きました。

木漏れ日の下



「明日、ブルネイに行ってしまおうか?」


この思いつきを決断できず、すでに私は半日も悩まされている。


Kさんとマラッカのマクドナルドに入り、iPhoneをwi-fiにつなげた。
そして「エアアジア」のサイトを開く。
フライトスケジュールを見ると、かろうじて非現実的な話ではなさそうだ。


ただ、ブルネイでの滞在日数がほぼ「1日」
それが、とてつもなく短い今回の旅の限界だった。
それなのに、Kさんの予約時に比べだいぶチケット代が跳ねあがっている。
いくら安いエアとはいえ、弾丸フライトに出すのには
それは高すぎる金額だ。


しかもここへ行くということは、本来行く予定だった
タマンヌガラ」を諦めることになる。
それらのデメリットを飲みこんででも行くという決断は
簡単にはできそうになかった。


もうどうしていいかわからず、爆発しそうになっている頭で
私は一言だけ言葉をひねりだした。


「ブルネイの魅力をもっと私に話してくれませんか?」


とにかく、ブルネイへのいざないの言葉に
自分が完全に流されてしまうことを期待するのみだった。
私は、ひとり旅好きとしてはまったくもって情けない話だけれど
Kさんに背中を押されたかったのだ。
最後の一押しをもらいたかった……心の中では気持ちは決まっていたのだ。
ただ、あらゆる問題を拭い去るほどの頑固たる感情までは
“まだ”なかっただけで。



「僕がブルネイに行きたいと思ったのは、実はすごく昔なんだ」


やはり優しいKさんは何も言わず語り始めた。


木漏れ日の下で


「僕が子どもの頃、何かの番組でブルネイが取り上げられていたんだけど、
ブルネイには国王が子供たちのために建てた“アジア最大規模の遊園地″があってね
しかもそこは、国民なら誰でも無料で遊べるって紹介されてたんだ
その時すごく衝撃を受けて、いつか必ず行きたいと思い続けてきたんだよ」


Kさんのブルネイへの想いがそんなに古くからだったことに驚く。
そしてその理由にとても子供らしいピュアさというか、
ロマンのようなものを強く感じ、私は一気に話に引き込まれてしまう。


「ただ、いまは有料らしいんだけどね。しかも人があまりに来なくて
さびれてしまったそうなんだ。だけど、そんな遊園地を見るのも
歴史や哀愁を感じられそうだし、それはそれでいいかなって」


一時期の面影がなくなっていたとしても、
その様なとらえかたで遊園地への興味を持ち続けるKさんに
私は強く感銘を受ける。


「もう1つ、見たいものがあるんだ」


でも、本当の衝撃はこれからだった。


「ブルネイには、世界最大の水上集落がある」


思わず私は耳をうたがった。
それも無理はないと思う。だってブルネイは
でっかい遊園地を無料で開放できるほどお金持ちの国なのだ。
日本への石油や天然ガスの輸出で、国王は有り余るお金を持っている。
なのになぜ水上集落があるのか?
国王がお金をひとり占めしているのか?


「みんなそこでの生活が気に行っているらしいんだ。
政府が立派なマンションを提供するから、水上から陸上に上がれと言っても
昔からの水上生活を捨てることができないみたい。
豊かな生活より、伝統ある生活を大切にしているんだよ」


その瞬間、私の中でブルネイの人々への罪悪と敬意の感情が同時に広がる。
水上集落というキーワードを、勝手に「貧しい生活」へと結び付けた
自分がとてつもなく情けなくなった。
そして、ブルネイには私の単純な頭では到底想像のできない文化や
心豊かな人々がいるのだということも確信する。


「ブルネイに行きます」


もう迷いはなかった。
どんなデメリットがあったとしても、今というタイミングに行くべきだと思った。
きっとそのためにKさんに出会ったのではないかとさえ思った。
「ブルネイに呼ばれた」と言ってしまうのは
おごりにも感じられるし好きな表現ではないが、
それ以外に言葉がみつからなかった。


この半日間の迷いは晴れ、私はチケット購入ボタンを押したあと
すごくスッキリした気持ちでマクドナルドから出た。
今までにあまり感じた事のない旅の高揚感を私は感じていた。


2つの飲みモノ
私は優柔不断で、いつもどちらを選ぶか悩みぬくので困る。


ライスボールk


木漏れ日の下で3


木漏れ日の舌で4
決断した時、「やっとマラッカと向き合える」そんな気持ちだった。



●撮影場所・マレーシア マラッカ 
遊園地、有料になったといえど数十円。しかも人がいなさ過ぎて貸切状態で楽しめるそうです。
マラッカ更新もちょっと飽きたので休憩して次回はまた違う国の写真でも。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ウナム | URL | A8BJpryA

    レッツゴー♪

    どれだけ心が晴れやかになったか。
    最初のモノクロの2枚と、最後の2枚で伝わってきました。

    これからの行動を決めてくれる言葉と出会えてよかったですね。
    なかなか出会えないくて踏ん切りがつかないことが多いです。

    Kさんの優しい口調の響きがこっちにも染み入ってきました。

  2. 星の子 | URL | -

    ウナムさんへ

    ウナムさんこんにちは!
    またいらっしゃってくださり、ありがとうございます★

    > どれだけ心が晴れやかになったか。
    > 最初のモノクロの2枚と、最後の2枚で伝わってきました。

    これ!私の自己満足なこだわり表現で、気づく人はいないだろうな~
    と思っていたので、本当にびっくりです!
    ウナムさんに伝わったようで嬉しいです。

    > これからの行動を決めてくれる言葉と出会えてよかったですね。
    > なかなか出会えないくて踏ん切りがつかないことが多いです。

    本当にすんごーく悩んだ半日だったので、
    Kさんの存在は本当に大きかったです。

    > Kさんの優しい口調の響きがこっちにも染み入ってきました。

    実際、すんごく物腰柔らかな方で
    一字一句セリフが同じではないですが
    私の欲しい言葉をくれる感じで、とても嬉しかったです。
    旅はこういう出会いがあるからやめられませんよね♪

    コメントありがとうございました!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doncame.blog57.fc2.com/tb.php/54-2ed12967
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。