--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'10.09旅 その7■迷いの中のマラッカ

2011年06月23日 10:00

とりあえず、頭はブルネイに支配されつつも
マラッカの街をKさんと歩く。


(以下、観光写真が続きます)




アートハウス1
「オラウータンハウス」マラッカ出身の世界的に有名な画家、チャールズ・チャム氏のアトリエ。
この通りに入った瞬間に、カラフルでひときわ目を引いた建物。




オラウータンハスス2
オラウータンハウスからこちらを覗く作品。




はためく国旗
強い日差しを浴びながら、はためくマレーシアの国旗。
この時、私は宿にチェックインしているKさんを待ちながらウロウロしていました。
(私はマラッカで一泊しない予定だったので、バックパックをひとり汗だくで背負い続けた。実はそれが一番つらい思い出だったり……)




マラッカのたてもの
えーと、これ何の建物だっけ?なんとなく載せてみただけです……。




オランダ広場
スタダイス(議事堂・市役所)。17世紀に支配したオランダの遺産らしい。今は博物館になってました。




正面トライショー
スタダイスに向かう階段をバックに、ハデハデなトライショーをパチリ。
この階段は「深夜特急」で沢木耕太郎さんが駆け上がった有名な階段らしいけど、
そんなシーンまったく記憶になかった私。(そもそもマラッカのお話自体思い出せないという……)




横からトライショー
上のトライショーを横から。
結局トライショーには一度も乗ることはありませんでした。




ざっと駆けたマラッカ市内観光、前半戦。
ここまで、私の頭の中ではずっと「ブルネイ」の存在が。


この時の旅は、シンガポールとマレーシアを5日間でめぐるという
そもそもが弾丸の旅だったのですが

「頑張ればブルネイも行けるんじゃないか?」

という考えが浮かんでしまったのがいけなかった。
一度浮かんだこの考え、なかなか引っ込まない。
マラッカのどんな景色を見ても引っ込まない。


マラッカに一泊し、
明後日にはブルネイに飛ぶと話しているKさんの隣で
ただひたすら、うんうん唸りながら歩き続けた。


暑くて、青空がキレイで、日差しがキラキラしてて
苦い苦いマラッカの思い出。




●撮影場所・マレーシア マラッカ
次はマラッカ市内観光中盤戦。「2つの選択肢~前編~」の続きはそのうち。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ウナム | URL | A8BJpryA

    あやしい子が覗いてますねv-10
    ブルネイで心惹かれたもの、楽しみにしてます!

  2. 星の子 | URL | -

    ウナムさんへ

    ウナムさん、コメントありがとうございます♪
    とっても嬉しいです。

    あやしい子、いい味だしてますよね~。
    実はこのアトリエ、中には入ってないので
    今さら後悔中です!

    ブルネイ…記事中ではまだ行くか行かないかで迷ってますが
    答えはもうバレバレですよね^^;
    ぜひこれから先の内容も読んでやってください♪
    ウナムさんのところにもまた行きますね^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doncame.blog57.fc2.com/tb.php/52-28ad1d5d
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。