--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きではない写真

2011年06月02日 23:36

IMG_2917.jpg

この写真を見ても、
なんだか店で売っている1枚の絵葉書や、画像検索の写真を
眺めるのと変わらない感覚だ。
思い浮かぶ感想も、沸き起こる感情もあまりない。
もちろん、良い写真だとも思わない。

もはや数ヶ月前に、
この景色が見える場所に立っていたという事実さえ危うい。
確かにこの目で見たはずのに。



そう思うのは、私の中ではこの場所をあくまで
1時間程度しか観光していない「よく知らない美しい街」
としか認識していないからだ。


おそらく、私は1枚の写真というものを
美しいとか壮大だとか、そういう感覚を基準にして眺めていないのだろう。
その写真に写る景色とリンクする濃い思い出や感情が存在してはじめて
自分の中で意味を持つ写真になる。


帰国してしばらくしてから眺めてみると、
あぶり出しのようにジワジワとその時の記憶と景色が広がっていくような……
言うならば記憶撮影・感情撮影。
そういう写真が好きだ。
(ついでに言うと、マイナスな感情が出ているのが好きだ……)

まあ、そういった個人の感情を他人が見ても感じることのできる写真なら
文句はないのだろうけど
あいにく私にはそんな写真を撮れるようなセンスは持ち合わせていない。


つまり、自分にしかわからない「自己満写真」
が好きと言うことになるのだけど。
(そして自己満写真でこのブログは溢れている……)




この場所でシャッターを切った時に、特別な感情なんて持ってなかった。
ビビッとくる何かもなかった。(けして嫌いなわけじゃない)
「こんな綺麗なとこに行きました!」という、
いわゆる「記念撮影」だったのだ。
行った記念の撮影。とりあえず撮った写真。
なんとなく納得がいかない!
いかない!!いかない!!!


あ、でも
1つだけこの街に関して強く記憶していることがある。
ありえない価格で、おじさんにチャイをぼられそうになったことだ。
しかも結構しつこかった。
もちろん、普通の価格にまけてもらったけどね。

このさわやかな青空にはあまりに反する記憶。
そういう記憶でさえ、旅と写真をおもしろくする要素なのだけど。




(あれ?もしかしてそのチャイのせいでこの写真
好きじゃないのかな……?)






●撮影場所・イエメン スーラ
なんだかうまく伝えられなくて1か月くらい下書きにあった記事。
そして今もなんだか納得いかない。ごめんなさい。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doncame.blog57.fc2.com/tb.php/40-73edfe32
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。