--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの時あの写真

2015年03月31日 12:30

ベルギーの広場で




ベルギーで、私のもう一つの感覚を発見した。
これまでは、私らしい写真は「暗くて寂しい部分が出ているもの」と思っていたけど、
それとはまったく別、むしろ逆の写真を沢山撮れた気がする。

うまく説明できないけど、
心の別の部分でも撮るようになったというか。
(原因(きっかけの出来事)は、実は私の中では結構はっきりしてるけど、
それは恥ずかしいから、ここでは書かないでおこうと思う……)

とにかく、その出来事が確かに私の感性に影響を与えて、
世界の見方に新たな面を加えた気がする。
それに気づいた時は本当に嬉しかったし、
気づいたのはベルギーで、この国で写真を撮る事が本当に楽しかった。
見るもの全てがキラキラで、魅力的に見えた。

今、その時に撮った写真を自分で見返しても、上手い下手ではなく、
はっきりと写真がこれまでと違うのがわかる。
「写真は心を写す」というのは本当なんだ!と感激した。

前までは「暗くない写真なんて自分ぽくない!」と思っていたし、
明るい写真を撮ってもどこか気持ちが入ってないようで違和感だったけど、
気持ちが入っていると、ちゃんと自分の写真に見えるから不思議。
だし、それがとても嬉しい。

その変化が、他の人からもわかるものなのかは謎だけどね。


●撮影場所・ベルギー ブリュッセル 2014.7.15
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doncame.blog57.fc2.com/tb.php/146-94cb66e9
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。