--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そこに立って初めて見えるもの

2013年07月09日 02:26

バラナシの対岸



6月はずっと、インドにいました。



インドといえば有名なヒンドゥ教の聖地、バラナシ。

私の頭の中のバラナシはこれまでずっと、
ガンジス川沿岸の色とりどりの建物やサリー、
そして沐浴をする人々でした。


ガンガー沿いに着いたら、
それらがバーンと私の視界に飛び込んでくるものであると
なぜか当たり前のように思っていました。


でも、違うんですよね。
写真で見るバラナシっていつも、
ボートの上や対岸から撮影したものだったんですよね。


つまり、私が着いて初めに立つ場所は、
ガンジス川沿岸の色とりどりの建物やサリー、
そして沐浴をする人々の中……。

ゴチャゴチャとした混沌、
まさしくその中なんですね。

だから、いつも写真で見る景色はそこになかったんです。
自分も景色の一部だから。
見えるのは、上の写真のような景色です。
ずっと、殺風景です。
思えば、対岸がどうなってるかなんて考えたことなかった。

最初あれ!?ってなったんです。
バカだけど、本当にあれ!?って。
少し考えればわかることなのに。



そんな些細な違和感含め、全てがとても新しくて楽しい。

「そこに立って初めて見えるもの」
人、景色、文化。全てにおいて、世界にはそれらが
ちりばめられているんだと思います。
もちろん日本にも。


想像しなかった方角から、それらは飛んできて、
凝り固まった固定観念をぶち壊してくれたりする。
決めつけなんて無意味なもの。

そんな出合いや発見が私は好きなんだと思います。




●撮影場所・インド バラナシ 2013.6.15
だから、日本に対する決めつけや偏見を持つインド人と
めっちゃ喧嘩しちゃったのもこの地でした^^;
ちなみに、私はこの想像とちがった対岸の景色、結構好きです。
スポンサーサイト

対岸から

2013年07月17日 01:17

対岸から



舟に乗って対岸へ渡り

振り返る。

やっと目の前にカラフルで賑やかな

バラナシが広がった。




その後、沐浴したり

インドの人達と会話したり。



あたりが少しずつ暗くなっていって

街灯に照らしだされるガートが

より輝きを増していく気がした。



私はこの景色の中にいたんだなと思った。




[ 続きを読む ]

ウユニからアタカマへ

2013年07月18日 22:55

抜ける青空

これから少し、南米の絶景を載せていこうと思います。
なんだか、絶景載せるだけでいつも暗い自分のブログが
いっきに明るくなった気がする……(気のせい?)


この場所は、ボリビア(ペルーの下の国です)のウユニから
チリのアタカマまで南下していく途中に立ち寄った所です。
2泊3日かけてランドクルーザーで向かうので
正確な地名などはちょっとわかりません。


南米はとにかく絶景だらけで、美しい写真が沢山撮れたのですが
どんなカメラで撮っても素晴らしく写るほどの絶景故に
自分の色が出しにくい!!!
なのでちょっとこのブログっぽくない写真が続くと思いますが
精神の健康には良さそうな写真ばかりだと思うので
お楽しみに??


ちなみに今回、透かしのブログマーク入れました。
大した写真じゃないし邪魔なので気が引けるのですが
南米は景色の中に人の姿とか結構入ってしまっているので
悪用されると困るのと、ウユニ写真の転載被害を結構聞くので^^;


あ、珍しく以下に旅情報も書いてみます。↓


[ 続きを読む ]

ボリビア・ラパス、ペーニャの夜

2013年07月22日 05:50

ペーニャ2



南米旅行はボリビアの首都、ラパスからのスタートでした。
着いたその日の夜に足を運んだのが「ペーニャ」。
アンデスの伝統音楽(フォルクローレ)や民族舞踊などを取り入れた音楽酒場です。

すごく豪華で、踊りも音楽も素敵だったのですが
とってもとっても眠かったです。
ステージに何度も呼ばれ、激しい踊りを踊らされても、
目の前に美味しそうな料理が運ばれてきても、
とにかく眠くて眠くてたまらなかった。

なぜかというと……



ペーニャ2
この仮面の女性をとても気に入り、何枚も写真におさめました





ペーニャ4
とにかく手抜きを一切感じさせない演出





ペーニャ3
女性の民族衣装のスカートが回転する度にヒラリと広がり綺麗でした



このラパス、世界最高所にある首都なのです。
標高3650メートル。富士山の頂上にいるようなものなので
つまり、酸素が薄い。酸素欠乏。

私は慢性鼻炎なのも関係あるのか(?)
日本のライブハウスでさえ酸欠でよく眠くなるくらいなので、
楽しいのに眠い、美味しいのに眠いというわけのわからないことになってました。

激しい踊りでくるくる回転させられながらも頭は半分眠っているという。
体験したことないレベルの眠気でした……。
できるならクリアな頭でもう一度あの夜をやり直したいです。



ラパスの夜景
これがラパスの夜景。ラパスはすり鉢状になった町なので、360度こんな感じで光輝いてます



ちなみに、本来は高所にきてその日に激しい踊りとかはしない方がいいです。
高山病になる恐れがあるため……。
一応、ダイアモックス(高山病予防薬)は飲んでましたが、本当は1日くらいは
じっとしてた方がいいのではないかなあ。




●撮影場所・ボリビア ラパス 2013.2.3
絶景を載せていくと言ったのにさっそく絶景ではない…。
南米くらいはちょっと時系列で頑張って載せていこうと思います。(た、たぶん)





以下、ざっくりすぎるお店とダイアモックスの詳細↓↓


[ 続きを読む ]


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。