--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シナイの頂上から

2013年01月18日 03:45

シナイから




さっそく
登ってきた。






海外放浪中の友人夫婦に会いに
エジプトのダハブへ。

ダハブを調べている最中にネットで見たシナイ山の景色。
一目見て、心を奪われた。


「この壮大な景色を見れたら、どんなに気持ちがよいだろう」

って。


ダハブに集合するメンバーに「ここに行きたい」って言ったら、
みんな快く承諾してくれた。


夜中の2時にダハブから
車で1時間半ほどかけてシナイ山のふもとまで。
おそらく気温はマイナス。
でも、極寒なのが、逆に興奮を高めた。

そして進む、真っ暗でみえにくい山道、見上げる美しい星空。
体はすぐにあたたまって、心地よい汗をかく。

久々の再会で積もり積もった話をしながらの登山は
本当に楽しかった。

ひとりの登山もいいけど、
やっぱりみんなと声を掛け合いながらの一歩一歩、
顔を見合わせながら見る美しい景色は最高だなって思った。



ありがとう。ここにこれてよかった。



世界放浪中の友人夫婦のその日の記事→100旅DE新年inダハブ~~


ちなみにこの2人は、世界各国の山を登りながら旅をしている。
2012年の登山総括の記事が、
とても心に染みたのでぜひ、みんなにも読んでもらいたいな。
私が知っている中で本当に一番素敵な夫婦です。

Mt.catherine /2012年登山総括

きっと、今すぐに山に登りたくなるよ。



シナイから2




●撮影場所・エジプト シナイ半島 シナイ山(標高2,285 m) 2012.12.30
モーセが神から十戒を授かったとされる場所です。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

震災から、今思う事

2013年01月21日 05:37

南相馬13.1-4


南相馬へ行き始めて1年と9カ月。
もうすぐ震災から2年。
でも、なかなか南相馬へ行っても
活動報告をしてこなかった。
写真も、載せてこなかった。

部分的に見てきたことを言葉にするって、
私の勝手な主観がまじりそうだし、誤解も生みそうだしで、
人を傷つけるかもしれなくて怖いのだ。


でも今年からは、少し意識を変えて書いて行こうかな。


悲しい事実や悲惨な光景は、
色んな人が既に発信していると思うので、
私はパワフルな地元の人や
ボランティア(と、いう言葉はしっくりこないのだが)
の活動を伝えられたらな。


だって、悲惨な光景も忘れてはならないけども、
元気な姿やがんばってる姿の方が好きだからね。


前に進むんなら、見えるのはそういう光景の方がいい。
その場所を好きになることが、なによ り「継続」にも
「力の源」にもなるということが、
ここまでやってきて出た結論だから。


少しでも好きになってくれる人が増えるように。
それを考えたい。
私が応援している人達も、そうであるように。
(もちろん、原発についてはまだ進行形の問題で
深刻に受け止めなければならないけど)

3.11には日本にいれないけれど
(本当に後ろめたいのだが!!)
どこにいても好きな場所や人々の事を
考え続けたいと思います。


いつも、みなさん、ありがとう。

南相馬13.1-3


【今日の活動報告】
原町のボラセン終了後から、
月に1度くらいお世話になっている
絆JAPANさん(http://www.kizuna-japan.info/)の
乗合カーで南相馬へ。
(毎週土曜24時に都内から出発しているよ)


今日の活動は道の駅の前の雪かきと
海岸の行方不明者捜索。
海岸についたら雪がたくさん積もっていて、
めちゃくちゃ寒かった。

南相馬13.1-7

海岸の堤防の上から眺める大地も、白一色。
でも反対側の、浜には打ち上がった瓦礫が沢山。

南相馬13.1-5


2年経つ今も、
浜には沢山の津波で流された物たちが打ち上がる。


一見、どこの海にもあるゴミのようだけど、
よく見るとぬいぐるみや人の服、家の一部など、
人々が大切にしていたものや生活そのものであって、
ただのゴミじゃないことがわかる。

南相馬13.1-9

誰かがネットのどこかに書いてた。
瓦礫は「 我歴」であって、ただのゴミじゃないって。


それらを片づけながら、行方不明者の捜索。
ついこの間だって、陸前高田の瓦礫置き場から
遺体が発見されていた。

「まだまだ見つかる!」そういう気持ちでみんな
捜索を続けている。


でもそれは悲しみだけの感情ではないように感じる。
なんだか力沸き起こる。ちゃんと前も向いている。
震災から2年、悲惨な光景や悲しい話だけを載せるのが
ちょっと違うな…と思うのはそのせいかもしれない。


そんな地元の人たちや、ボランティアの人々を見ると
私も背中がビシッてなる。

今日も遺体は発見できなかったけれど
震災の事を忘れないためにも、ビシッてなる ためにも
また行くぞ、っていつも思う。


いつも思うけど、私も力をもらっている。
誰かが誰かへ「してあげている」感はない。
でも、人って本来、お互いにそうして生きていくもの
なのかもしれないと、南相馬に行き始めて思った。


全然関係ないけれど、
南相馬の原町名物(宮城にもあるよ)
凍天(し みてん)http://www.konohata.com/は
本当に美味しいです!!
ドーナツの中に凍もちが入ってるの。
行くたびに食べちゃう。
東北に行く際はぜひ、食べてみてね~。

南相馬13.1-1

鰺ヶ沢の白いねこ。

2013年01月24日 02:21

白い手





優しく穏やかな気持ちになれる




そんな小さな手





白いねこのかお








実は結構無愛想なんだけどね!







白いねこの手2






でもなんだか、優しい気がした。








●撮影場所・青森県 鰺ヶ沢 2011.10.24
あの秋田犬「わさお」のお店(七里長浜きくや商店)に行った時に出会った真っ白ねこ。
少し疲れ気味の今、こういう写真を掘り返して、少し癒やされてみる。





最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。