--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神業マンゴー

2010年06月10日 22:55

マンゴー1

カンボジアのアンコール•トムにて、マンゴーを一つ買う。

マンゴー2

果物売りのお姉さんのナイフさばきは、
見たこともない早さだった。

切ってもらったマンゴーを手に、なぜかうろうろ。

なんだかんだ宿に戻ってから食べた。

マンゴーは手のぬくもりによってすっかり温まっていた。

マンゴー3

でもすごくおいしかった!


スポンサーサイト

ただ、シャッターを切る

2010年06月28日 02:30

マーケットでの衝撃

市場に1歩足を踏み入れた瞬間、衝撃を受けた。

無造作に並べられた野菜、血まみれなまな板の上の魚、
見たことのないカラフルなフルーツ、真っ赤なブロック肉、ハエまみれの卵
さばかれる時を待つ、生きたニワトリ。
それらがごちゃまぜになって置かれた中に、
女性たちが座っている。

彼女たちは特別笑顔でもないし、嫌そうでもない。  
こちらに関心を示すこともない。無表情。
いまいち、感情が読めない。
きっと彼女たちにとって
それが何の変哲もない日常だからだろう。

でも私にとっては十分、非日常で。

連れに止められるまで、気づいたら周りの人の迷惑も考えず
ただ、シャッターを切り続けていた。

普段は自意識過剰なくらい人目を気にするのに。
今でも自己嫌悪におちいるほど、
この時はなんだかおかしかった。無我夢中だった。
それくらい、市場は印象的で、魅力的だった。

どこを見てもおもしろい。この目に収まりきらない。
ファインダーなら、なお更、無理。
すごくドキドキした。
 
魚を売る女 木のまな板
お肉を品定め 女たちの台所

きっと彼女たちは、今日もあの場所で同じように品物を売っているのだろう。
私が落ち込もうと、悲しもうと、それは変わらない。
それを考えると、なんだか少しだけドキドキして、少しだけ力が湧く。

撮影場所・カンボジア オールド・マーケット

沈黙の対面

2011年05月21日 03:31

神さまのいる場所



沈黙という名の存在感。

そこには確かに、他の場所とは違う空気が流れていて
とても静かに、でも強くゆすぶられた。

目に見えない何かは
確かに存在すると思った。

カンボジアでは多くの遺跡や像をみたけど
後にも先にもこれ程の衝撃は得られなかった。


●撮影場所・カンボジア タ・プローム


[ 続きを読む ]をクリックすると他の写真が見られます。





[ 続きを読む ]

物言わぬ像

2011年06月29日 02:14

夕日に照らされる像

朝日が白く輝いても
夕日が赤く美しくても
何百年もまいにち、このまま 

ずっと。

物言わぬ。




●撮影場所・カンボジア 夕暮れのアンコール・ワット
この像たちの次に惹かれた。
表情のない像を見つめていると心が安らかになるのはなぜだろう。




最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。