--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の見た鞆の浦 1

2010年07月30日 04:25



このところ、暗い雰囲気の写真が多かったので
青い爽やかな写真でも・・・・・・と思い、
今年の冬に出かけた鞆の浦のフォルダを漁りました。

夜中だったせいかな?
結局、ガツンとした強い引力に抗えず
選ばれたのはこの写真です。
ああ、すごく暗いですね。全然爽やかじゃないです。

いや、それ以前に
鞆の浦かどうかもよくわからない景色です。

でも、私の中では
まぎれもなく鞆の浦です。
私の中の鞆の浦は、けしてポニョの生まれた地でも
ただ美しいだけの港町でもない。

こんな雰囲気。

でも、これだけだと鞆の浦がどんなところだったのか
見てくださる方にはわかりにくいと思うので、続きます。


……たぶん。

撮影場所・広島県福山市 鞆の浦
ちなみにこの写真は、できたら夜~朝方に見ていただきたいです。
スポンサーサイト

私の見た鞆の浦 2

2010年08月06日 08:25

鞆の浦の眺め1


始めは、想像通りの美しい鞆の浦。

まっさきに向かった対潮楼。
係員のオバサンに、宮崎監督について解説してもらいつつ
キラキラ光る景色を眺めてた。
(オバサンごめん、私、ポニョ見たことないんだ本当は)


目の前に 港に浮かぶ
ひなたぼっこ 額のはじで


青い空に、青い海
まるで額に入った絵画のようで

畳の感触が気持ちよかった


優しい眺め

額の中に入りたくて、そこから
私は外に出て鞆の浦の散策開始。

こんな美しい景色をみて、この町に
これ以上のものなんてあるのだろうかって

その時は思った。



撮影場所・広島県福山市 鞆の浦
(まだ続きます…)


私の見た鞆の浦 3

2010年08月28日 02:41

港へ


対潮楼を出てからの記憶の方がずっと、
鞆の浦として私の心に残るものになった。


空の静脈 海沿いをさんぽ 箱庭の港 寂しげな花
※クリックすると拡大します

鞆の浦の魅力は、絶景と言われる海の景色だけだはなくて
街そのものが持つその存在感、流れる空気そのものにある気がする。


箱庭港

観光地として無理に騒ぎ立てたり、盛り立てたりしていない。
ずっとずっと昔から変わることのない、潮待ちの港を基盤として生きてきた街の人々。
その静かな生活を感じる時、自分の中の時計の動きがゆっくりになった気がした。

都市計画などで、問題も多くあるみたいだけれど
私は鞆の浦には変わらずこのままでいて欲しいな。

もし、これからここへ足を運ばれる人がいたら
ここで日常生活を営んでいる人々のことも忘れずに
静かにゆっくりと、街を歩いてみてください。

きっと、写真ではわからない何かを感じられるはず。
[ 続きを読む ]

何を載せたら良いのかわからない

2012年11月03日 02:08

久々にブログの管理画面を開きました

インドネシアの続きを書こうとしたけれど

書けそうにないです。


放置している間に色んな写真を撮ったのですが

載せたいものが多すぎて何から載せて良いのかわからない。

順番にのせるのは既に諦めているので

とりあえず目についたこの写真を載せておきます。


醤油店



●撮影場所・福井県 坂井市 三国町 付近
ダーツの旅の最中に、計画なしで東尋坊へ行ったら
終バスを逃しました。仕方なくフラフラと歩いている時にみつけた会社。


沢山あるけど沢山なかった

2012年11月05日 03:51

佐久島 さんぽ


最近、毎週のように国内のどこかへ行って
とても綺麗なものを見て
美味しいものを食べて

満足したような気になっていたし、
載せたい写真も多いと思っていたけれど
(少なくとも前回の記事を書くまでは)

よく見たらなんだか焦って撮った写真ばかりで
生き急ぎ過ぎていた自分に気づく。

見返してその時を思い出せる写真なんてほとんどなかった。


ちょっとゆっくりいこうよ。
ゆっくり。


●撮影場所・愛知県 佐久島
そんなどうしようもない写真だらけの中でも
佐久島の写真はわりと好き。



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。